menu

株式会社いろはわいん

〒105-0003 東京都港区西新橋1-19-6
桔梗備前ビル603

TEL.03-6459-4715

ロイス・デュフルール(ボーヌ)

Print Friendly, PDF & Email

ホテルの宿泊客だけが飲める
とっておき飲み頃ワイン

生産者について

ロイス・デュフルールはボーヌの町を取り囲む環状線にあるドメーヌで、ボーヌ唯一の五つ星シャンブル・ドット(高級民宿)も経営しています。
1978年、現当主のフィリップ・デュフルール夫妻によって設立されました。それまでフィリップさんはネゴシアンで働いており、「テロワールと人が良いワインを生む」の信念のもと、ワイン造りの研鑚を積んでいました。それと同時に資金の準備もはじめ、「自分のシャンブル・ドットを持ち、そこに世界からのお客様を招き、自分の造ったワインでもてなす!」という夢に向かって進みだします。
シャンブル・ドットは五つ星という高い評価を受けていますが、彼にとってはまだゴールではないようで、「バラのきれいな庭園を望める場所に、新たにスイートルームの離れを造る!」と意気盛んです。シャンブル・ドットの地下がカーヴになっており、彼のワインは世界各国のVIPな宿泊客を毎日楽しませています。「ロックフェラー財団の御子息が宿泊したこともあります。
日本からもお医者さんが毎年来てくれます。でも宿泊料金は安いんですよ!(笑)」(私にとっては安くなかったです・・・)ワインは以前勤めていたネゴシアンと、地元のレストラン(ペルナン・ヴェルジュレスの一つ星「ル・シャルルマーニュ」等)、個人客、そして宿泊客への販売で完売してしまいます。そのためワインガイド誌や、展示会などにもほとんど出品されることのない、“掘出し物”なのです。

畑・醸造について

所有面積は5ha。平均樹齢45年。栽培方法は厳格なリュットレゾネ。グリーンハーベストは2回。
除梗は100%。木製発酵槽を使用し3週間かけて発酵。新樽率は平均10~15%、樽はヴォージュ産。
樽熟成期間は18カ月(長めに樽熟期間をとるのは、浮遊物を沈殿させノンフィルターできれいなワインを造るため)、その後ノンフィルターで瓶詰。

ワインについて

「私の(体型の)ように丸いワインが好き」というフィリップさん。濃密な香りと、ふくよかな果実味が特徴です。赤ワインは口に含むと果実の甘さが口中いっぱいに広がります。白ワインはミネラル感とやや厚い果実味のバランスが心地良いです。どちらも美味しい料理が恋しくなる味わいです。

 Beaune 1er Cru Les Cent Vignes

ボーヌ・プルミエ・クリュ・レ・サン・ヴィーニュ

品種ピノ・ノワール100%
面積1.00ha
平均樹齢30年 
栽培リュット・レゾネ 
醸造除梗100%。新樽率(ヴォージュ産)10%で18か月熟成。

きれいな果実味と丸い酸、こなれたなめらかなタンニン。

 Beaune 1er Cru Champ Pimonts

ボーヌ・プルミエ・クリュ・シャン・ピモン

品種ピノ・ノワール100%
面積1.00ha
平均樹齢50年 
栽培リュット・レゾネ 
醸造除梗100%。新樽率(ヴォージュ産)10%で18か月熟成。

スパイス、きのこ、なめし皮複雑な香り。枯れて落ち着いた果実味。こなれたタンニン。優しく落ち着いた飲みごろ古酒。

 Beaune Clos du Dessus des Marconnets

ボーヌ・クロ・デュ・デュシュ・デ・マルコネ

品種ピノ・ノワール100%
面積0.40ha
土壌かなり多くの小石混じりの粘土石灰質
区画ボーヌの中で最も北、サヴィニー側の畑。1級レ・マルコネ(Les Marconnets)の斜面上部に位置する優良区画
平均樹齢40年
栽培リュット・レゾネ 

いろはわいん 生産者情報

PDF版生産者情報をご希望の方は下記よりダウンロード下さい