menu

株式会社いろはわいん

〒105-0003 東京都港区西新橋1-19-6
桔梗備前ビル603

TEL.03-6459-4715

エチェガラヤ(イルレギー)

Print Friendly, PDF & Email

イルレギーの山奥で
女性一人 つくるワイン

生産者について

イルレギー村の中でも山奥、周りに家などの建物はほとんどない場所に位置するドメーヌ・エチェガラヤ。
1850年に設立されたドメーヌです。現在、醸造を手掛けるのは、マリアンヌ・イロ(Marianne Hillau)さん。マリアンヌさんは、1994年、ご主人を事故で亡くしてから、一人でドメーヌを運営しています。3人の娘さんたちは、街の市街地で暮らしています。
「一人でさみしくありませんか?」との質問に、「元々、散歩や山奥の散策が趣味のようなものだから、この暮らしがあっているのかもしれません」と笑います。
全部で7haの畑を丁寧に栽培、醸造。平均樹齢が50年ほどのものから、プレフィロキセラである150年の樹齢のタナまで。
イルレギーの急斜面の畑仕事や収穫は、手摘みでおこなっています。
主な販売先は、個人や地元のレストラン、ワインショップで、輸出は、今回がはじめて。女性らしいしなやかなイルレギーをお楽しみください。

畑・醸造について

全部で7haを所有しています。栽培は、すべてリュット・レゾネ。平均樹齢がほかに比べて高いのも特徴です。急斜面すぎて、機械が入れられず、畑作業はすべて手作業。その山奥の孤立した立地のおかげで、フィロキセラ禍をまぬがれた畑もあり、自根の樹齢150年超えのタナが今も植わっています。

ワインについて

 Irouleguy Rosé  

 

イルレギー・ロゼ

品種タナ50% カベルネ・ソーヴィニヨン50% 
土壌粘土石灰質 
平均樹齢50年 
栽培リュット・レゾネ
醸造ステンレスタンクで12ヶ月熟成。 
生産本数2500本

アペリティフとしてや、この地のシャルキュトリーなどとの相性の良いワイン。 毎年、夏になると、INAOから「AOC上色が濃すぎるので、イルレギーロゼとして販売してはいけません」という書類が送られてくるらしいが、「その頃にはそのVTはとっくに完売してるのよ。笑」と意に介さない様子のマリアンヌさん。完売になるのがうなずける素晴らしいロゼ。

 Irouleguy Rouge  

 

イルレギー・ルージュ

品種タナ60% カベルネ・フラン40% 
土壌粘土石灰質 
平均樹齢50年 
栽培リュット・レゾネ
醸造ステンレスと樽で18か月熟成 
生産本数8000本

豊かな果実味で、鶏のコンフィやチーズなどと相性の良いワイン。 ラベルには、「ファンダンゴ」というバスク地方のダンスの様子が描かれています。

 Irouleguy Rouge Cuvée Lehengoa  

 

イルレギー・ルージュ・キュヴェ・ルエンゴア

品種タナ80% カベルネ・ソーヴィニヨン20%
土壌粘土石灰質 
樹齢タナの樹齢は150年以上のもの。カベルネ・ソーヴィニヨンは平均30年。
栽培リュット・レゾネ 
醸造ステンレスと樽で18か月熟成 
生産本数3000本

なめらかな口当たりとタナ由来のやわらかいタンニンが溶け込んでいて、厚みを感じるワイン。濃厚な赤ワインソースやスパイスなどにも負けない強さがあります。

いろはわいん 生産者情報

PDF版生産者情報をご希望の方は下記よりダウンロード下さい